大阪市 Y邸

  • Oct. 2016
  • /
  • 戸建住宅
  • /
  • リノベーション

お子様たちも巣立った、ご夫婦二人住まいの一戸建てをリノベーションした物件。愛犬による床の傷や趣味の変化をきっかけに、ペットでも安心できる床材の敷き直しと、壁紙の貼り替え、水回り施工を行いました。
新築時には流行りだった、白い壁紙でライトカラーな木部の内装。年齢も重ねて目も肥え、物足りなさや落ち着かなさを感じ始めたその内装を“木部はカーテンやブラインドで隠す”“グレイッシュなトーンの壁紙や小物で馴染ませる”のテクニックでモダンな空間に生まれ変わらせました。
バッグデザイナーでもあり、洗練された独自の審美眼をお持ちのお施主様。世界中から長年集めて来られた家具や美術品とも釣り合うようにFolkがコーディネートした壁紙や、小物のセレクトも必見です。

b10-02
b10-03

グレイッシュなトーンの壁紙や小物をセレクトし、既存部分と馴染ませて[2]

b10-01

お手持ちの上質な家具やアンティークが似合う空間に

b10-12

床はペットがいても傷がつきにくいペット用フローリング、本物の無垢材のような柄をセレクト[1]

b10-06
b10-07

ドイツメーカーのカーテンとカーテンリング。 真鍮製のカーテンレールは、姉妹店P&Sで購入可能

b10-08
b10-09-01

落ち着いた色合いの壁紙を使用したトイレ

b10-09-02

ウイリアム・モリスデザインのイギリス製壁紙[3]

b10-10-01

玄関と洗面スペース

b10-10-02

煉瓦柄の壁紙はフランス製

b10-11

クラシカルな水栓に変更するだけで、イメージが変わった洗面スペース

Description

キーフィーチャー
  • 時代を感じる内装をモダンな空間に変身
  • お手持ちの家具や美術品との空間コーディネート
  • 愛犬とも安心して暮らせるペット用フローリング
  • 欧州からセレクトした個性的な輸入クロス
  • ウイリアム・モリスの壁紙を使ったWC
  • ドイツブランドのカーテンとカーテンクリップ
オーナーの希望
  1. ペットの犬による床の損傷が気になるので、きれいにしたい。
  2. 新築時は無難に白が基調のシンプルな内装にしてしまったが、子供たちも巣立ち静かな時間も増えるので、落ち着いた大人びた空間にしたい。
  3. アトリエ施工[リンクを開く]と同様に、個性的な柄の面白い壁紙にしてほしい。
Folkからの提案
  1. 室内に小型犬がいるご家庭。傷が付きにくく、かつ雰囲気のある無垢材柄のペット用フローリングを一面に敷き込みました。ハイセンスなデザイン家具が多いこのご家庭にも、ミスマッチにならずに安心使い出来る床材をコーディネートしています。[1]
  2. 十数年前に流行した、白い壁紙で木部のカラーはライトトーンの内装。十年以上経てば趣味も変わりますし、その期間にコレクションされてきたアンティーク小物や美術品、上質な家具とも不釣り合いになっておられました。まずカーテンやブラインドを前付けにして木部を隠し、そしてグレイッシュなトーンでセレクトした壁紙をコーディネート。明るい色の木部が浮き立たずに、馴染んで存在感が薄まるようにしました。[2]
  3. イギリス・フランス・オランダの輸入クロスをセレクト。洗練されたパターンで、かつ遊び心があり、お施主様が世界中から集めたコレクションとも釣り合うようなものを選びました。レストルーム用に選んだウイリアム・モリスの柄もとても気に入って頂けました[3]
物件名 Y邸
物件所在地 大阪市
物件タイプ 戸建住宅
請負タイプ リノベーション
完工年 2016年
施工期間 約10日
面積 約60㎡
施工面積
工事費 約440万円(設計料含む)