泉南郡熊取町 TE kara TE

  • June,2017
  • /
  • 戸建住宅
  • /
  • リノベーション

ご自宅で新しくレストランを開業されるために、戸建て住居をリノベーションした物件。二階建ての一階部分はほぼ店舗へと間取りを変え、二階へ住居機能を集約。設計から施工・家具コーディネートまでを行いました。

ご自身もミニマリストとして生活されているお施主様は、無駄な装飾を削ぎ落したシンプルなもの、足場板のような素朴な風合いのあるものがお好きでした。出されるお料理も、地産の食材を用いていたり添加物を極力使わない、人の手や心を感じるお料理ばかり。そんなお料理に寄り添えるように、銅板・杉材・木毛セメント版を主な素材として空間を構成し、静謐な時間の流れる洗練された空間に仕上げました。

DSC_0371
DSC_0374

杉材の長いカウンター席をメインに構成した店内[3]

DSC_0417

メインテーブル席

物販やディスプレイ用のスペース

DSC_0383

テラス席

テラス席には電飾を

銅板カウンターを挟んでお施主様が串を揚げていく[1]

DSC_0401

系列ショップANTRYのオリジナルチェア

DSC_0500

レストランフロアーは全面に白けた質感の足場板を

DSC_0423

WCへと続くカウンター上も物販スペース。物販商材や自然素材のディスプレイを引き立てられるようにソリッドな意匠に[2]

DSC_0472

オリジナルの燻製塩や燻製醤油

DSC_0530

Description

キーフィーチャー
  • 店内を大きく仕切る大型のカウンター
  • 銅板・杉材・木毛セメントのユニークな素材使い
  • オリジナルチェアでのコーディネート
オーナーの希望
  1. 一階を店舗にし、二階を住居に。二階はペットOKのフローリングにして、リビングは気持ちよく開放感があるようにして欲しい。
  2. お店の料理の基本となる串揚げをパフォーマンスのように見せられるように。広いカウンターで、対話も楽しみながらお料理をお出ししたい。
  3. 物販コーナーを設けて、自店の販売商品や、友人達の作品も販売できるようにしたい。
  4. 足場板のグレイッシュなカラーと、シャビイな風合いが好きなので、上手く取り入れてほしい。
Folkからの提案
  1. LDや和室等があった一階を、ほぼ店舗へと改装しました。既存のLDKは中央を階段に仕切られて風の通りも悪く、窮屈な思いをしておられました。今回のリノベーションでは住居機能を二階に集約。LDKの面積をたっぷりと確保し、広く開放感のある雰囲気にしました。犬と猫を飼っていらっしゃるので、住居の床にはペット用フローリングを敷き込んでいます。
  2. 高級天ぷら店のイメージで目の前で串を揚げながら対話を楽しめるように。又お料理を最大限引き立てるようなダウンライトにもこだわりました。[1]
  3. お施主様が販売されている調味料等の他には、手作り市で活動されていた頃のご友人たちの作品を。自然素材の陶器やアクセサリー、服飾雑貨が中心なので、それらを引き立てられるようにソリッドな直線を活かした、少しクールなしつらえにしました。[2]
  4. 足場板と相性が良い、銅板や木毛セメント板など少し粗野であるような素材を、あえてセレクト。又、ソリッドな直線の長いカウンターには、ヌーディな色味のコンクリート塗料や、自然素材のチェアを合わせる・・など、随所に風合いを添えています。洗練されてモダンだけれど、肩の力が抜けたような、クール過ぎない雰囲気の意匠にしています。[3]
物件名 TE kara TE
物件所在地 泉南郡熊取町
物件タイプ 戸建住宅
請負タイプ リノベーション
完工年 2017年
施工期間 約3か月
面積 約110㎡
1-2階合計
工事費 約1000万円(設計料含む)