吹田市 O邸

  • Nov. 2014
  • /
  • 集合住宅
  • /
  • リノベーション

築28年のマンションをフルリノベーション。ゆくゆくお子様たちが巣立たれるのも見越しながら、子育て中の現在の過ごしやすさ、将来のお孫さん達の集いや趣味のことも考慮した、思いのたくさん詰まったリノベーションです。

壁の解体撤去や動線の見直し・家具造作・コーディネートまで行い、デザイン性と暮らしやすさを両立。お子様の成長と共に増えた沢山の荷物や家具を収納するクローゼットも多数設計しました。リビングと子供部屋との間には開閉間仕切り壁を採用。ライフスタイルの変化にフレキシブルに対応できるようになりました。
アンティーク家具や古木、ウォームカラーで温かみのある空間にしながら、レンガタイルやアイアン・ブラスでシックなトーンに統一して仕上げています。

家の中がすっきりと美しい動線になり、家族が自然と集いくつろげるリビングになりました。

b03-16
b03-03

造作のアイアン吊りシェルフはこだわりの珈琲グッズ置場[1]

b03-01

奥の開閉間仕切り壁でフレキシブルな空間に[2]

クローズ時

クローズ時

オープン時

オープン時

b03-04
オリジナルドア

家族の気配が感じられるリビングドア

PARTS&SUPPLYの真鍮製サイン・ハンドル

姉妹店、P&Sの真鍮製サイン・ハンドル

レトロ感が増すレンガタイル

レトロ感が増す縦貼りレンガタイル

b03-08

リビングからつながる畳スペース

b03-10

造作の通風孔[3]

b03-09

換気小窓、PCスペース、収納棚を造作で設置

b03-11
折りたためるアーコールのダイニングテーブル

折りたためるアーコール社のダイニングテーブル

b03-12

キッチン背面には造作カップボードを設置、扉はオーク無垢板

のこ目を見せてワイルドな仕上げに、取っ手はアイアン

のこ目を見せてワイルドな仕上げに、取っ手はアイアン

ANTRYの家具をコーディネイト

姉妹店・ANTRYの家具をコーディネイト

Description

キーフィーチャー
  • 築28年のマンションをフルリノベーション
  • ANTRYやP&Sの家具や照明でのコーディネイト
  • CL増設や壁の解体撤去など収納と動線の刷新
  • 古木やアンティーク、タイル等シックなカラーでの統一
  • 開閉間仕切り壁を開けてワンフロアになるリビング
  • 細部の素材やディテール、色調までのこだわり
  • デザイン性と使い勝手に優れたオリジナル造作収納
オーナーの希望
  1. 北欧のインテリアが好きなので、木のぬくもりを感じる北欧のカフェのような雰囲気に。
  2. 将来子供達が巣立った後は、リビングを広々とワンフロアで使いたい。孫達が来た時や来客時はダイニングやリビングでたくさん集まれるようにしながら、寝泊まりもできるように仕切れる機能は欲しい。
  3. マンションで空気がこもるので、通気孔を設置してほしい。

 

Folkからの提案
  1. 木のぬくもりを感じる空間がお好きなので、モダンすぎない、温かみのある色調を心がけました。トーンを揃えたアンティーク家具やドアもご提案し、より統一された世界観の空間に仕上げました。施主様の趣味である珈琲サーヴは生豆を焙煎して振る舞うほど。キッチン上部にアイアンのシェルフを造作し、珈琲グッズが映えるようにしデザインしました。[1]
  2. 現在同居中のお二人のお子様の他にも、社会に出た二人のお子様がおられます。現在は開閉間仕切り壁で子供部屋を仕切っており、将来お孫さんが増えた時などにも宿泊できるように。大人数で集う時も多く、ダイニングテーブルはバタフライ式のア―コール社のドロップリーフテーブルを採用。間切り壁を開閉する事もできるので、使う人数や状況に応じて、大空間にする事も可能にしました。[2]
  3. 子供室の間と、洗面室・和室の間の二ヶ所に造作の換気窓を設置。空気の通りにくいマンションながら、二ヶ所のエアコンを稼働させれば、家中を快適に過ごしてもらえます。[3]
b03-z
物件名 O邸
物件所在地 吹田市
物件タイプ 集合住宅
請負タイプ リノベーション
完工年 2014年
施工期間 約1か月
面積 約74㎡
工事費 約900万円(設計料含む)
※バスルームを除く