貝塚市 K邸

  • Jan. 2015
  • /
  • 戸建住宅
  • /
  • 意匠設計・コーディネート

シンプルなこの家に入ると、とてもゆったりとした時間が流れます。自転車で直接入れて、吹き抜けには高窓がありシーリングファンが回る、ゆとりの玄関。ワイルドな表情の無垢の床やアイアン・タイル・アンティークパーツなど、細部まで息の通ったこだわりの素材やデティール―。遊びのあるゆとりの広さと上質な素材たちが、快適さを感じ、心が豊かになる作用を持たせてくれています。

窓が一つしかないマンションに住み、念願の自邸を建てる時には、何より明るい空間であることを希望した施主様はパーツや素材へのこだわりも強く、揺るがない美意識をお持ちでした。今回Folkは意匠設計からコーデイネートまでトータルでプロデュース。

素材やデザインには徹底してこだわりつつ、コストを抑えるアイデアもふんだんに盛り込みながら、お互いの理想とする空間を共に創り上げていきました。ニュートラルで普遍的な美しさを持つ、Folkの大切にするスタイルがたくさん詰まったシンプルハウスです。

b02-02

広い玄関土間から続くLDK、高窓から光をたっぷり取り入れてゆとりの空間に

南側の庭へつながるように計画した土間スペース

南側の庭へつながるように計画した土間スペース[2]

G-PLANのアンティークシェルフをコーディネート

アンティークのLadderaxをコーディネート

b02-04

多目的に使える黒いカウンターは空間を引き締めるアクセントにも[3]

b02-06

壁際に設置したキッチンは小物が映える白いタイル貼りに

b02-05
風の通りを計算したキッチンの室内窓

風の通りを計算したキッチンの室内窓

b02-08
洗濯室への便利な動線計画

洗濯室への便利な動線計画

実験用シンクとヴィンテージミラーの造作洗面台

実験用シンクとヴィンテージミラーの造作洗面台

b02-10

輸入クロスを使った遊び心のあるトイレ

P&Sの真鍮カーテンレール

姉妹店・P&Sの真鍮カーテンレール[4]

真鍮製のドアハンドルと表示錠

真鍮製のドアハンドルと表示錠

アメリカンスイッチ

アメリカンスイッチ

b02-17

車道側にあるリビングのハイサイド窓(高窓)[1]

b02-18

外部からの視線も気にならず、空をアートのように眺められる

b02-15

ワイルドなオークの床材

MUSIC ROOM

MUSIC ROOM

寝室

寝室

b02-14
家のアイコンでもある長いひさし、無垢のドアを守る役割も

家のアイコンでもある長いひさし、無垢のドアを守る役割も

Description

キーフィーチャー
  • 二階建ての新築一戸建て物件
  • 家具や照明などフルコーディネート提案
  • 一軒すべてに施されたこだわりのパーツ
  • シンプルなハコ空間とノスタルジックな建具や家具
  • ニュートラルで普遍的な美しさを持ったスタイル
  • 高窓や吹き抜けから光がたっぷりと入る空間
  • 土間とリビング階段の、贅沢で豊かな空間
  • ワイルドなオークの床材やヴィンテージの建具
オーナーの希望
  1. 窓が沢山ある、明るい室内。
  2. 自転車通勤なので、自転車でそのまま入れる土間と、鉄骨のリビング階段。
  3. 油回りの汚れが気になるので、コンロや水回りは壁側にまとめて欲しい。
  4. 無垢の木の床やアメリカンスイッチなど、こだわりのパーツや素材をたっぷり使いたい。
Folkからの提案
  1. LDKは北側に掃き出し窓をつくり、床の広がりや風と光の通りを工夫しました。車道の東側はハイサイドライトにすることで外部からの視線も気にならす、ブラインドは不要。空をアートのように眺められる、美しいヴィジュアルの窓に。この家のアイコン的な存在になりました。[1]
  2. 敷地の関係上LDKが広く取れなかったため、玄関とLDKを一室に。土間と南側の庭がつながるように計画しました。希望の鉄骨リビングの階段は、空間にさらりとなじむようようホワイトにし、随所に効かせてある黒や無垢の木、アンティ―ク家具や植物とのバランスを大事にしました。[2]
  3. 水回りやレンジ回りを配置しがちなカウンターは、配膳や調理など多目的に使えるワークスペースに、下段は家電収納スペースとなっています。油回りのお手入れのしやすにも考慮したタイルが目を引く、美しいキッチンになりました。細い黒目地が適度な緊張感を持たせてくれています。[3]
  4. スッキリとシンプルなハコ空間に、なつかしさを感じるアンティークの建具や家具を上品にコーディネート。アンティ―クや無骨なアイテム、経年変化を楽しめるような素材もとても好きな施主様なので、姉妹店・ANTRYやP&Sの家具やパーツを随所にふんだんに使用。コストを抑えるために実験用シンクを洗面台に採用。しかし使う素材や家具を妥協せず選び、簡素でニュートラルな美しさと上質さを持たせ、細部までこだわりぬかれた空間になっています。本当に良いものや選び抜かれた家具だけを置けば装飾やデコレーションは不要。流行に左右されない、何年先も古びない空間にしました。[4]
b02-z
物件名 K邸
物件所在地 貝塚市
物件タイプ 戸建住宅
請負タイプ 意匠設計・コーディネート
完工年 2015年
施工期間 約5か月
面積 約96㎡
1F 57㎡/2F 39㎡
工事費 約2250万円(設計料含む)
外構費含む