大阪市 Y邸

  • Apr. 2014
  • /
  • ショップ・オフィス・他
  • /
  • リノベーション

色とりどりの海外のファブリックで作品を生み出すバッグデザイナー「Tamao Yuge」のアトリエ兼ショウルームをリノベーション。

ヨーロッパやアメリカ・アジア各国を旅して買い付けたシルクやインテリアファブリックなどの高級生地・アンティーク家具・アートピース・雑貨は、どれもデザイナー独自のフィルターを通った美しさを持つものばかり。それらと調和し、バッグの魅力も引き立てられるように壁一面のシェルフを造作。輸入クロスやアンティークの家具・窓でコーディネートしながら、見たこともないような独創的な世界観に仕立てました。
業務用ミシンの糸巻きを活かしたディスプレイ棚や生地ストック用シェルフもオリジナルで造作し、使い勝手やヴィジュアルにもこだわったアトリエはデザイナーの創作意欲を湧かせます。

家具や照明、カーペットの踏み心地など細部のパーツやディテールにまでこだわった、上質で洗練された空間です。

b04-02

色とりどりの生地が並ぶストックルーム。ストックシェルフは造作

b04-03

ショウルームとストックルームをつなぐアンティーク窓[2]

b04-04-01

オリジナルで造作した生地ストック用シェルフ

b04-04-02

使い勝手にもこだわったアトリエスペース

b04-05

業務用ミシンの糸巻きを活かしたディスプレイ棚

b04-06

アトリエスペース[5]

b04-07
b04-01

ショウルームはクラシカルだけれど都会的・非現実的な空間に[1]

b04-09-01

天井にはティン柄のクロス

b04-09-02

School house electric社の照明

b04-10

お手持ちの北欧の家具に合わせて造作したシェルフ[3]

b04-12
b04-13-01

WCの手洗いスペース

b04-13-02

姉妹店・P&Sのトイレットペーパーホルダー

b04-14-01

玄関を入ると奥に見えるのがアンティーク窓[4]

b04-15-02

コレクションを引き立てる深緑のクロス

玄関を上がってから、全てのお部屋に敷き詰められた上質な踏み心地のカーペット

玄関を上がってから、全ての部屋に敷き詰められた上質な踏み心地のカーペット

Description

キーフィーチャー
  • 築16年のマンションのリノベーション
  • バッグデザイナーのアトリエ兼ショウルーム
  • 海外生地のヴィジュアルを活かしたアトリエ
  • 名作家具や調度品の栄える洗練されたスタイル
  • 輸入クロス&ウールカーペット敷き込み
  • 個性豊かなバッグと調和する独創的な空間
  • 照明やアンティーク家具のコーディネート提案
  • 姉妹店ANTRYやP&Sの家具・照明でのコーディネイト
オーナーの希望
  1. 両親から譲り受けたマンションの一室に、念願のアトリエを設けることに。知人から紹介を受けたFolkの担当者と顔を合わせお話をする内に、この方なら安心してお任せできると思い、北欧の家具が好きな事と、私のバッグに合うように、という事だけお話しして具体的な要望は伝えませんでした。
    (1)アトリエとショウルームの設計
    (2)全体的なリフォーム
    というオーダーをしました。
Folkからの提案
  1. 施主様との対話やバッグの世界観からイメージを膨らませて、ショウルームは〝リュクスな大人の集うサロン〟アトリエは〝絵になる製作風景〟をイメージした空間に。紋様も豊かで色とりどりなバッグの世界観や、世界中から集められた雑貨やアートピースと調和するように、クラシカルだけれど都会的な、非現実的な空間コーディーネートに。深緑やブルーグレーの色遣いとアンティークで、洗練された雰囲気を演出しました。クロスは輸入の柄物を用い、作品をより引き立てるような独創的な空間に仕立てました。[1]
  2. アンティーク窓や造作のディスプレイ棚を導入し、アトリエとショウルームを設計・施工。その他、全室の壁紙とカーペットの張替えを行い、姉妹店・ANTRYやP&Sのアンティークソファやカーテン、金物をご提案させていただきました。[2]
  3. 旅がお好きで、海外で買い付けたファブリックを用いて一点物のバッグをデザイン・販売されている施主様。コンディションの良い北欧の家具を多数お持ちだったので、造作のシェルフはそれらと色調を揃えました。[3]
  4. 訪問されたお客様がウールカーペットの上質な踏み心地を感じつつ、アンティーク窓からアトリエの製作風景を覗き気持ちを浮き立たせてもらえる・・というストーリー性も狙いました。[4]
  5. サロンや玄関はリラックスして商品を見ていただけるよう、ダークな色合いに。アトリエはミシンや生地裁断などの作業がはかどるように、白とブルーを基調に構成しました。[5]
b04-z
物件名 Y邸
物件所在地 大阪市
物件タイプ ショップ・オフィス・他
請負タイプ リノベーション
完工年 2014年
施工期間 約2週間
面積 約100㎡
工事費 約500万円(設計料含む)
水回りを除く